2013年05月16日

『McLaren Honda』復活! - ホンダ F1復帰を正式発表

昨日のブログで、「ホンダがF1復帰を近く正式発表する」という事を書きましたが、
ついに本日、ホンダの伊藤孝紳社長が会見し、F1に、パワーユニットサプライヤーとしてMcLaren(マクラーレン)とのジョイントプロジェクトのもと、2015年から参戦することを発表しました。
F1関係者の間ではホンダのF1復帰は公然の秘密といわれていたようですが、やっと発表されましたね。

会見には、McLaren Group Limitedのマーティン・ウィットマーシュCEOもイギリスから来日しコメントしていました。
マーティン・ウィットマーシュCEO、いつ日本に来ていたんでしょうね!?驚きました。
コメントからは、ホンダとのジョイントプロジェクトへの期待の高さを感じました。

それにしても会見での、「エンジンサプライヤー」ではなく「パワーユニットサプライヤー」という表現に、大げさに言えば、新たな時代を感じました。
これは、現在のF1が「従来のエンジン」から「エンジン + 回生エネルギー」が動力源となっているためですが、来年からはこのレギュレーションが大きく変更され、より環境対策への取り組みが強化されます。
変更の主なポイントは昨日のブログにのせてありますので、よろしければ、合わせてご覧ください。

今回ホンダは、この来年からの「パワーユニット・レギュレーション」の変更が、将来技術の開発や技術者の育成などにおいて大きな意義があると捉え、参戦を決意したそうです。
この新たな環境対策への取り組みは、他のメーカーにとっても気になるところなのではないでしょうか。

ところで、ホンダの株価は本日一時年初来高値を更新しました。

ホンダの活躍が楽しみです。再来年が待ち遠しー!



posted by ジャパン・オート・ワークスSTAFF at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。